平川一彦

ベーシック・ムーブ

第28回

スイング・カット

    写真1

     フェイスダウンデックを<写真1>のようにリラックスポジションの左手にディーリングポジションで持ちます、右手はデックに右斜め上から近づけて、<写真2>のように右手の親指をインナーエンド付けて、人差指と中指と薬指(小指は薬指に沿って付いているだけ)をアウターエンドに付けてデックを掴みます。この右手の握り方を『オープン・エンド・グリップ』と言います。

    写真2

     右手でデックを掴むと同時に左手の親指をデックの左サイドに移動させ、更に、左手の人差指をボトムフェイスカードのアウターインデックス付近に移動させます。これは右手でデックを掴みやすくするためです。

    写真3

     次に、アウターエンドに付いている右手の人差指で、デックの上半分位を少し持ち上げて直ぐ左方向へ動かします。するとパケットの上半分が右手の親指を軸(支点)として斜め左へ傾きます<写真3>

    写真4

     その斜めに突き出た左上コーナーを<写真4>のように左手の親指と人差指の付け根(ベース)で挟みます。

    写真5

     その挟んだパケットを<写真5>のように左手に取り、 右手は残ったパケットを左手のパケットの上に置くか単にポンと落します<写真6>

    写真6

     このカットもカードマジックでは良く使いますので覚えてください。

 

 ≪ 第27回                  ≫次回へ続く