平川一彦

私とエド・マーロー
第21回

スペクテイター・カット・アンド・エース(3)

Spectator Cuts Aces :方法3

準備

    デックから4Aを取り出して、膝の上に置きます<写真1・2>

    写真1
    写真1
    写真2
    写真2

    ルーティーン

  1. 客に、デックをシャッフルして、横一列に4カットするように言います。 その間に、カーディシャンは、左手を膝にやり、4Aをフェイスダウンで左手に、深めのギャンブラーズ・パーム〔これを“ディープ・ギャンブラーズ・コップ(Deep Gambler's Cop)”と言います。〕に持ちます<写真3>

    写真3
    写真3

    そして、左手首だけをテーブルエッジ近くまで上げていきます。もちろん、客には見えません。

  2. 客がカットし終ったら、カーディシャンは、右手でカーディシャンから見て右側のパケットのトップカードの両エンドを上から握って取り上げますが、右手の人差指は必ずトップカードのバックに曲げて付けておきます<写真4>

    写真4
    写真4

    そして、テーブルエッジの所に持ってきて、上に上げてきた左手の中にそのトップカードを置きます<写真5>

    写真5
    写真5
  3. こうすると、そのトップカードのアウターエンドが左手の人差指の上に突き出て、深目にパームしている4Aをカバーしますので、客側から4Aは見えません。

  4. 右手は再び、右側から左側へ順に、2番目、3番目のパケットのトップカードを取り上げて、それぞれ、左手のカードの上に置いていきます。

    しかし、3番目のパケットのトップカードを、左手のカードの上に置く時に、右手は3枚のトップカードを内側に引いて、4Aと一直線に並べますが、まだ、その3枚のカードの下に、左手小指のブレイクを保っておきます<写真6>

    写真6
    写真6
  5. そして、左側にある最後のパケットのトップカードを取り上げる時に、両手を少し左側の方へ動かします。
    そして右手は、取り上げたトップカードを左手のカードの上に置きます。

  6. さて、この次が、このトリックのポイントになります。
    即ち、この最後のパケットのトップカードを左手に置く時に、右手の親指と他の指が、左手のブレイク以上のカードの両エンドに触れるやいなや、右手は、そのブレイク以上のカードをパームして、テーブルの一番左側のパケットの方へ持っていきます<写真7>

    写真7
    写真7

    そして、右手でそのテーブルパケットの両エンドを上から握る時に、右手にパームしていた4枚のカードを、そのパケットのトップにこっそりと置いてしまいます。

  7. 右手はすぐに、そのパケットの両エンドを上から握って、(この時、右手の人差指は、そのパケットのトップカードのバックに曲げて付けます。)取り上げて、その右側のパケットの上に重ねます<写真8>

    写真8
    写真8

    そして、その両パケットを次のパケットに重ねて、そのパケットを最後のパケットに重ねて、1つの山にします<写真9>

    写真9
    写真9

    そして、そのままテーブルに置きます。

  8. カーディシャンは、左手首をターンしながら、カードをフェイスアップでテーブルへ置き、そのフェイスに左手の4本指を付けたまま、そのカードをサッと左側へスプレッドします<写真10>。4Aです。

    写真10
    写真10

    または、次のように行ってもかまいません。
    「あなたは、これらのパケットを自由にカットしましたね」と言いながら、右手で、単に、それぞれのパケットを前方へ押し出します。

    そして次からは少しテンポアップします。
    つまり、今までの進み具合と違って、少し速度を速めます。

    左手の4枚を左手だけのワンハンドスプレッド(ファン)をします。

    右手でそのファンのトップカードを取り、フェイスダウンのまま左側のテーブルパケットのトップに持っていきます<写真11>

    写真11
    写真11

    そこでフェイスアップにターンして、パケットのトップに置きます<写真12>

    写真12
    写真12

    この同じ動作をあと3回、繰り返して、全ての4Aを示します。

マーローズマガジン Vol.3 p.325~326.

 ≪ 第20回                          第22回