平川一彦

ベーシック・ムーブ

第26回(最終回)

フェイスアップカードの見せ方

 次のカードトリックは、「私とエド・マーロー 第5回」で解説した“The Eidetic Slide”4段階目の、 スプレッドしたフェイスアップカードの違う見せ方です。

  1. “The Eidetic Slide”の1~3段階までは同じ手順です。 現在は、テーブルにフェイスダウンで広げたスプレッドの左端の下に、右側にサイドジョッグした1枚のフェイスアップカードが隠れています。
  2. ここから、左手の指は、スプレッドの左端を持ち上げますが、その下のフェイスアップカードは、テーブルに残したままにしておき、しかも、左手の指をそのカードの左サイドの縁にタッチしておきます。<写真1、2>
  3. 写真1
    写真1
    写真2
    写真2
  4. 右手は、スプレッドの右端のカードを<写真3>のように、深目のエンドグリップで握っておきます。
  5. 写真3
    写真3
  6. 次に、左手だけを右方向に移動して、スプレッドのカードを集めていきますが、その時に、左手の親指で、スプレッドの下にあるフェイスアップカードも一緒に右方向へ押していきます。 もちろん、そのカードは客には見えていません。
  7. 左手が右手に近付いたら、左手の親指を集めてきたカードのトップへ付けて握ります。 しかし、フェイスアップカードは、テーブルに残しておきます。 そして、右手は親指でインナーエンド、他の4本指でアウターエンドを<写真4>のように握ります。
  8. 写真4
    写真4
  9. 次に、両手をカードと共にテーブルから少し上に持ち上げて、それぞれ左右に引きます。 すると、フェイスアップカードが、まるでスプレッドの中央から突然、現れたかのように見えます。<写真5>
  10. 写真5
    写真5

 私は、このトリックをやってみて感じた事は、大したテクニックも使っていないのに、また、言い換えると、難かしい手が込んだテクニックもなしに、驚くほど効果的な現象を現わすトリックだと言う事です。 それは、両手でカードを集めていき、中央でパッと両手を広げたら、そこにカードが急に出現するビジュアルな、そして、インパクトの強い見せ方だからでしょう。 このテクニックは、他にも応用が出来そうなので、皆さんも研究してみて下さい。

エド・マーロー “Thirty Five Years Later”, p.19.

 ≪ 第25回                         最終回